カルサイネイザン(カルサイ)はチネイザン(お腹のマッサージ)と生殖器付近のマッサージ

おはようございます。

最近、朝はハーブボールを作る作業から始まります。

以前は既成のハーブボールを使用していましたが、こうやって一つづつ作るほうが気持ちが入りいいですね。

最近はいろいろご質問をいただくことが増えました。生殖器付近のマッサージと表記がありますとアダルト色が強く思われるのでしょうね。

幸いにも勘違いをなさってご来店になった方は今のところいらっしゃいませんが、残念ながら性感的な気持ち良い感覚はありません。逆に滞っている箇所は痛いです。

私自身がカルサイを受けた感想は、「痛い」です。

痛いところは悪いところ。悪いところは滞ってる。ブロックされてるところを色んな手技で圧をかけてその滞りを流す。

どんなマッサージでもコリのある所は痛いですからカルサイネイザン(カルサイ)も同じで痛いはずです。

私もですが、大抵の方はお腹の施術で痛いと感じられますが、後半の生殖器付近の施術では痛みを感じる方はほぼいらっしゃいません。生殖器付近へのトリートメントは腹部の施術と違います。

特に男子への施術ではジャップカサイの施術とは少し違います。ジャップカサイで睾丸に痛みを感じられた方もいらっしゃるかもしれませんが、カルサイでは睾丸へのアプローチというより流れやすくする施術だと思っていただければと思います。なので睾丸は痛くないです。

腹部、鼠径部の痛いところは滞っている場所。お客様お一人お一人にあった圧で施術をさせていただきますのでご安心くださいませ。

カルサイネイザンの語源は「ブロックを取り外す」


次回は睾丸マッサージとの違いについて書いてみますね。


関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP