カルサイネイザン(カルサイ)は体と心の開放

カルサイネイザン(カルサイ)は、お腹をほぐした後に、生殖器官やその周辺をほぐしていきます。

こちらのサイトをご覧になった方の中には、カルサイ(カルサイネイザン)という名称ではなく、女性の方では「ジャックヨークトーン」という名前などで、タイ本国で施術を受けられた方もいるかもしれません。

また、特に男性の方におきましては、タイ本国の南の地方(ハートヤイ(ハジャイ))などで、ジャップカサイ(マッサピンポーン・ピンポンマッサージ)とも呼ばれるような施術で、体験された方もいらっしゃるかもしれません。

普段、肩や腰がこったり、足が疲れた時にいろいろなマッサージで筋肉をほぐし、血管やリンパ流れをよくし改善したりしますが、腹部、生殖器付近をマッサージでほぐすことはあまりありません。

お腹(内臓)は身体の中心部にあたり、たくさんの神経、リンパ管、血管が通っています。
そこも加齢やストレスによって、血液循環が悪くなり、老廃物や毒素の溜まりやすくなると考えられています。

カルサイネイザン(カルサイ)は腹部、生殖器付近の溜まった老廃物を排出するためのトリートメントです。

タイでは老廃物を流し血液循環をよくすることによって、男性機能の改善、前立腺肥大の初期症状、BPH(前立腺肥大症)、前立腺炎、女性の場合はPMS、生理痛、生理不順、更年期障害、男女共、消化機能の促進、気力向上、便秘腰痛、内蔵機器の機能向上、血液循環やリンパの流れ促進、痔などにも効果があると言われます。

昔から、「腹が立つ」「肝に据える」「緊張してお腹が痛い」等、感情はお腹にダイレクトに伝わり、負の感情がたまると聞きます。

実際の今までの施術経験では、人に反応は様々ですが、上記意外にも心の病をお持ちの方への施術の際に共通のことがあり、腹部の施術は心の開放に繋がっていると感じます。

スピリチュアルことはわかりませんが、個人の施術経験からの見解ですか、体の中心腹部、生殖器付近のマッサージは滞ったエネルギー(体液、感情)を流すことで様々な体と心の改善にながっていくのではと…

色んな問題から、実際の施術結果等をここに記することはできませんが、お問い合わせ、ご相談下さいましたら可能な限りはお答えさせていただきます。

特に心の病をお持ち方、そのご家族、ご友人の方、ご相談くださいませ。

実際の効果・効能は身体の状態やケースによって個人差があり、それを保証するものではございませんが、自身の経験からもカルサイネイザン(カルサイ)は改善に繋がる可能性が少しあるかもしれません。

タイ本国で古り伝わるカルサイネイザン(カルサイ)です。Re:Karsaiではその手法をリラクゼーションとして施術させて頂きます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP