カルサイネイザンは勃起不全の改善に繋がるだけではない

おはようございます。久しぶりの投稿になってしまいました。

いつも沢山のお問い合わせありがとうございます。

色んなご質問を頂きお答えさせていただいていますが、特に多いのが男性機能の改善につながるのかのご質問と、女性の方の更年期障害の改善につながるのかです。

今日は男性機能、特に勃起不全に関して少し書いて見たいと思います。

男性機能の衰えは加齢やストレスによって現れます。

セラピストとしての経験からですが、20代30代の方からのご相談も多く原因はストレスだと感じました。心因性の場合もあり一度の失敗やパートナー様からのちょとした言葉で傷つきそれが原因になっていたりします。

カルサイネイザンの「カルサイ」は静脈の中にある老廃物を指します。カルサイは、加齢、ストレス、マイナスの感情等から生じると言われていますが…
カルサイネイザンのご語源は「ブロックを取り外す」

さて、これをどうご説明いたしましょうか?

スピリチュアルなことは肯定も否定もしない、どちらかというと理論派のセラピストですし、医療従事者でもありません。

西洋医学、東洋医学、タイのカルサイネイザンの関係はおいておいて、あくまでもセラピスト個人の施術経験と感想として参考にして頂ければと思います。

ケース1:56歳男性
4年前から男性機能に衰えを感じる。施術当時ほぼ機能がはたせない。

単純に加齢によるものとします。生殖器に流れ込む血流が現段階より改善できれば…

56年間、ほぼ触れる事のなかった腹部、生殖器付近へのアプローチで硬くなっている体液の管周りをほぐす。
施術途中で男性器には触れていないにも関わらず反応がみられる。

結果:一度の施術で男性機能回復となる。
のち、二回目の施術が一か月後。三回目の施術が三か月後(最終)。現在最終施術から八か月経過。
ご本人様からのご報告は「昨日三時間に二回可能でした」

カルサイネイザン(生殖器デトック)の施術にはチネイザン(内臓デトックスマッサージ)が含まれています。
様々な手技で腎臓、ひ臓、腎臓、すい臓、前立腺、睾丸、膀胱、腱や筋膜、筋肉に繊細にアプローチします。

結果として体の中心部で滞っていた体液全般が流れだすと考えると、この結果はありなのかもしれません。

ケース2:26歳男性

半年前から自慰行為においても全く反応がない。原因不明。年齢からみて加齢によるものとは考えにくい。パートナー様の言葉等で傷ついた心因性でもない。

ストレスによる男性機能の衰えとします。

結果:一度の施術で男性機能回復

カルサイネイザンの「カルサイ」は静脈の中にある老廃物と示します。カルサイは人間の性的なエネルギーの流れを阻害するともいわれています。

男女とも性欲はともにテストステロンという男性ホルモンが司ります。
男性の場合、テストステロンは主に精巣から分泌されて性欲の元になります。
テストステロンは男性ホルモンの一種であり、男性の場合、約95%が睾丸(精巣)の中で、残る5%が副腎で合成され、血液中に分泌されます。

テストステロンの分泌は脳から命令を受けることから、ストレスにより脳の機能が低下すれば、テストステロンの分泌は低下すると考えられています。

逆から単純に考え、腹部に滞っている部分があり血液の循環が悪くなっていることが原因で、テストステロンが含まれた血液の循環が悪くなっていると考え、腹部、生殖器付近の体液の流れを改善することで、男性機能の改善に繋がったと考えると、ありなのかもしれません。

ちょっとうまく説明できませんが、いつも施術していて感じる事があります。

不調を訴える方のお腹は硬い

肩や腰がこったと感じた時、マッサージに行きませんか?その時にセラピストさんが、

「お客様、硬いですね?」

同じですね!

セラピストとしての経験から、カルサイネイザンは性機能だけではなく心の病にも改善がみられるのではと感じ、まだまだ施術ケースが少ないのでこれからも臨床を続け、いつか心のお悩み改善に繋がるものになればと思います。

もちろん効果も個人差がありますし、セラピストは「治る」等の言葉を使っての表現はできません。

男性機能の改善は男性の元気の源です。女性からすると「もういい歳だから諦めたら?」と思う方もいらっしゃいますが、ただ男性機能が回復というところにフォーカスするのではなく、ホルモンの分泌が活性化することで、活力に繋がり健康になるという事です。

男性も女性も施術は八割くらい同じ施術です。女性の様々な改善に繋がりホルモンの分泌が活性化することで、元気になるという事です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP