生理痛を改善させるセルフケアのご紹介

生理痛がつらいときにおススメのケア方法をご紹介します。

生理痛のい痛みを和らげるには、まず体を温めて血行をよくする事。どうしても痛みが取れない時は鎮痛剤を使うことも痛みを和らげる一つの方法です。

この記事では、お薬を使わずにできる生理痛の改善方法をご紹介します。

ご自宅でも簡単にできるケア方法ですので、ぜひ試してみてくださいね。

オススメのケア方法

体を温める

ひざ掛けやも毛布、使い捨てカイロなどを使って下腹部や腰回りを温めて血行をよくしましょう。夏場は冷房で冷えすぎないように注意して下さい。入浴時はできればシャワーではなく、湯船に使って全身を温めましょう。しょうが湯やハーブティーなど温かい飲み物は血行を促し、リラックス効果を与えてくれます。

体を締めつけない服装を着る

血行をよくする事で生理痛を和らげる事ができます。ジーンズやガードルなどの体を締めつける服を着てしまうと、血行が滞り、生理痛を悪化させてしまいます。できるだけゆったりとした服装を着るようにしましょう。

軽い運動・ストレッチをする

体を動かすことで全身の血行がよくなり、ストレス発散の効果もあります。ご自宅でできる軽いストレッチでかまいません。骨盤や股関節の周りの筋肉を動かしたり、足の付根の筋肉を伸ばすことに意識してストレッチしましょう。生理痛がひどい場合は無理をせずに体を休めてください。

アロマテラピーなどでリラックス

メンタルケアも生理痛の緩和には影響するといわれています。アロマテラピーや落ち着ける音楽で心身ともにリラックスできる時間をつくってみるのもオススメです。

鎮痛薬を利用する

どうしても我慢できない痛みが生じる場合は、鎮痛剤を使うのも選択肢の一つです。必要以上に痛みを我慢してしまうと、ストレスに繋がり生理痛をさらに強めてしまいます。

我慢できないほど辛い時は、無理をしないで鎮静剤を利用しましょう。

まとめ

生理痛のセルフケア方法をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?どれも生活の中でできる範囲の内容ですので、もし生理痛に悩まれている方が入ればぜひ一度実践してみてくださいね。

カルサイネイザンによる生理痛の緩和・改善

カルサイネイザンは温めたハーブボールを使いお腹中心の施術を行い、全身の血行とリンパの流れを改善させます。体温を高めつつ施術を行うので、老廃物が溜まった血流を改善させて生理痛の改善のキッカケを作り出すことができます。また、施術前に飲むハーブティーとハーブボールでリラックス効果を堪能していただけます。

カルサイネイザンによる効果・効能はこちらを御覧ください。

施術前に問診を行い、お客様の症状やカルサイネイザンによる施術・効果の説明も行いますので安心してお受けしていただけます。アフターケアのサービスも行っておりますので、ご自宅でのセルフケア方法もお客様に合わせて提示させていただきます。

カルサイネイザンにご興味のある方はぜひ当サロンRe:Karsaiまでお越し下さい。

質問・ご不明な点があればお気軽にご連絡下さい。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP